著作権制度の概要

著作権について

  • 著作権とは
    • 作品(著作物)を作った人(著作者)が持っている権利。
    • 自分で作った作品を,他の人に勝手に使われないための権利。
    • 身の回りの作品全てに著作権があり,作品が作られたときに生まれる権利。
    • 詳しくは,こちら
  • 著作物とは
    • その人の思想や感情を,創作的に表現したもの
      • 言語の著作物:論文、小説、脚本、詩歌、俳句、講演など
      • 音楽の著作物:楽曲及び楽曲を伴う歌詞
      • 舞踊、無言劇の著作物:日本舞踊、バレエ、ダンスなどの舞踊やパントマイムの振り付け
      • 美術の著作物:絵画、版画、彫刻、まんが、書、舞台装置など(美術工芸品も含む)
      • 建築の著作物:芸術的な建造物(設計図は図形の著作物)
      • 地図、図形の著作物:地図と学術的な図面、図表、模型など
      • 映画の著作物:劇場用映画、テレビ映画、ビデオソフトなど
      • 写真の著作物:写真、グラビアなど
      • プログラムの著作物:コンピュータ・プログラム
    • 以下のような著作物は,その内容そのものではなく「作者の考えによって編集,整理,翻案など」されていることが創作的な表現として認められています。
      • 二次的著作物:上表の著作物(原著作物)を翻訳、編曲、変形、翻案(映画化など)し作成したもの
      • 編集著作物:百科事典、辞書、新聞、雑誌、詩集などの編集物
      • データベースの著作物:データベース
  • 著作者とは
    • 大人,子ども,プロ,アマチュアにかかわらず,作品を作った人全てに権利があります。
    • 共同で作った著作物については、共同で創作に関わった者全員がひとつの著作物の著作者となります。
    • 会社や学校などの法人の場合,特別な取り決めが無ければ,法人の業務のために法人に所属する個人が作ったものの著作権は,作った個人ではなく,法人にあります。
  • 著作権の期間
    • 作者の死後50年で著作権は消滅する。
    • 著作権の消滅した(切れた)作品や「自由に読んでもらってかまわない」とされたものを広く公開している「青空文庫」等があります。
  • 著作権の発生
    • 著作権は作品が作られたときに自動的に発生するもので,届出などの必要はありません。
  • 著作物の利用
    • 著作物を利用したいときには,著作者に断ることが必要です。
  • 著作物の利用の例外
    • 次のような場合には,著作者に断りなく自由に利用できますが,あくまでも例外であり,著作者に断って利用するのが基本であることを忘れないようにしましょう。
      1. 自分が楽しむためにコピーすること。(家庭内などの限られた範囲内での私的な利用であり,業務に利用する場合は個人であってもできません。)
      2. 先生や児童生徒が学校の授業で使うために,他人の作品をコピーして児童生徒に配るような場合。(ただし,ソフトウェアやドリルなど,児童生徒一人ひとりが購入することを考えて販売されているものは除きます。)
      3. 学校の学芸会や文化祭などで,演奏したり演劇を上演したりする場合。(入場料を取ったり,出演者に出演料を払ったりする時には,作者に断る必要があります。)
      4. 目の不自由な人のために,点字に翻訳したり,朗読して録音したりする場合。
      5. 耳の不自由な人のために,音声を字幕などにして送信する場合。
  • 著作権侵害の罰則
    • 著作権や著作者人格権を侵害された人は,民事上の請求や,刑事告訴などをすることができます。
    • 刑事告訴された場合の罰則は,著作権侵害,著作者人格権侵害ともに3年以下の懲役又は300万円以下の罰金となっています。なお、法人などが著作権等(著作者人格権を除く)を侵害した場合は、1億円以下の罰金となります。

著作権の種類

  • 著作権(著作者の権利)
    • 著作者人格権
      • 公表権(無断で公表されない権利)
        まだ公表されていない自分の著作物について,それを「公表するかしないか」を決定できる権利
      • 氏名表示権(名前の表示を求める権利)
        自分の著作物を公表する時に「著作者名」を「表示するかしないか」,表示するとすれば「実名(本名)か変名(ペンネーム等)か」などを決定できる権利
      • 同一性保持権(無断で改変されない権利)
        自分の著作物の内容や題号を,自分の意に反して無断で「改変(変更・切除等)」されない権利
    • 著作権(財産権)
      • 複製権(無断で複製されない権利)
        手書,印刷,写真撮影,複写,録音,録画,パソコンのハードディスクやサーバへの蓄積など,どのような方法であれ,著作物を「形のある物に再製する(コピーする)」ことに関する権利で,すべての著作物を対象とする最も基本的な権利
      • 上演・演奏権(無断で公衆に上演・演奏されない権利)
        著作物を公衆向けに「上演(演劇等の場合)」したり「演奏(音楽の場合)」したりすることに関する権利で,上演・演奏には,CDやDVDなどの「録音物・録画物を再生すること」や,著作物の上演・演奏を離れた場所にあるスピーカーやディスプレイに送信して見せたり,聞かせたりすることも含まれます。
      • 上映権(無断で公衆に上映されない権利)
        著作物を,機器(テレビカメラ等)を用いて,公衆向けに「上映」する(スクリーンやディスプレイに映し出す)ことに関する権利で,「現物を直接見せる」という場合は含まれません。なお,インターネットを通じていったん入手した「動画」や「静止画」をディスプレイ上に映し出して公衆に見せる行為も,上映に当たります。
      • 公衆送信権(無断で公衆に送信されない権利)
        公衆送信権は,著作物を公衆向けに「送信」することに関する権利であり,公衆向けであれば,無線・有線を問わず,あらゆる送信形態が対象となります。
      • 公の伝達権(無断で受信機による公の伝達をされない権利)
        公衆送信された著作物を,テレビなどの受信装置を使って公衆向けに伝達する(公衆に見せたり聞かせたりする)ことに関する権利です。この権利については,大幅な「例外」が設けられていますが,テレビ受信機などによって番組を公衆に見せる行為は,原則としては無断で行ってはならないこととされています。
      • 口述権(無断で公衆に口述されない権利)
        「言語の著作物」を,朗読などの方法により口頭で公衆に伝達することに関する権利です。「口述」には,CDなどに録音された著作物を再生することや,著作物の口述を離れた場所にあるスピーカー等に送信して伝達することも含まれます。
      • 展示権(無断で公衆に展示されない権利)
        「美術の著作物の原作品」と「未発行の写真の著作物の原作品」のみを対象として付与されている権利で,これらを公衆向けに「展示」することに関する権利です。通常,絵画が売買されても,売主から買主へ移転するのは,物としての絵画の「所有権」だけで,「著作権」は,著作権を譲渡するという契約が行われていなければ,著作権者が引き続き持っています。
      • 譲渡権(無断で公衆に譲渡されない権利)
        著作物を公衆向けに譲渡することに関する権利です。
      • 貸与権(無断で公衆に貸与されない権利)
        著作物を公衆に「貸与」することに関する権利です。貸与には,どのような名義・方法でするかを問わず,貸与と同様の使用の権原を取得させる行為,例えば買戻特約付譲渡等も含まれます。公共図書館からの館外貸出しの場合など「非営利目的で無料」の貸与については,後に解説する例外があります。なお,図書館などでの館内貸出しは,著作権法上は,「貸与」には該当しません。
      • 頒布権(無断で公衆に頒布されない権利)
        「映画の著作物」(映画,アニメ,ビデオなどの「録画されている動く影像)」の場合に限り「譲渡」と「貸与」の両方を対象とする「頒布権」という権利が,付与されています。
      • 二次的著作物の創作権(無断で二次的著作物を「創作」されない権利)
        著作物原作を,翻訳,編曲,変形,脚色,映画化などにより創作的に加工することによって「二次的著作物」を創作することに関する権利です。
      • 二次的著作物の利用権(無断で二次的著作物を「利用」されない権利)
        自分の著作物(原作)から創られた「二次的著作物」をさらに第三者が利用すること(「二次的著作物」を利用すること)に関する原作者の権利です。

著作権に関するホームページへのリンク