・ 男鹿は秋田県で最も早くから開けた地域であり、西部にある男鹿三山(本山・真山・毛無山)は古くから霊場として名高く、各地から多くの人の出入りがあった。また、南岸の船川港は天然の良港で、そこにも各地から多様な文化が持ち込まれていたようだ。こうした様々な文化の影響が、ナマハゲなどの伝説に影響を与えたものと思われる。

・ 男鹿にはナマハゲにまつわる言い伝えの他にも多様な伝説が残されている。まさに「伝説の宝庫」といえよう。ここではそのうちのいくつかを紹介する。男鹿は秋田県で最も早くから開けた地域であり、西部にある男鹿三山(本山・真山・毛無山)は古くから霊場として名高く、各地から多くの人の出入りがあった。また、南岸の船川港は天然の良港で、そこにも各地から多様な文化が持ち込まれていたようだ。こうした様々な文化の影響が、ナマハゲなどの伝説に影響を与えたものと思われる。男鹿にはナマハゲにまつわる言い伝えの他にも多様な伝説が残されている。まさに「伝説の宝庫」といえよう。ここではそのうちのいくつかを紹介する。

次のページへ   タイトル画面へ