健康なあなたが生き甲斐を持って生活できるように様々なコーナーを設けています
 南部シルバーエリアでは、お年寄りの方々の福祉・医療・居住・社会参加をすすめるための総合的な機能を持つ施設として秋田県が建設したものです。
 ここには5種類の居住施設・在宅老人介護センター・診療・リハビリセンターのほかにコミュニティーセンター・スポーツ施設等もあり世代間交流や地域福祉の拠点として利用されています。
コミュニティー施設
〜地域住民のふれあいの場・世代間交流の場〜
 エリアの中核施設であり、地域の人々の憩いや、世代間交流の場として広く活用され、ボランティア活動の拠点にもなっています。また、各種の講座,研修会なども開催しており、社会教育の場としても広く利用されています。
 特に休日などを利用して家族連れが訪れたり、遠くからの利用客などもおり活気に満ちています。

 
スポーツ施設
   〜世代間交流の場・健康を高める場〜
 スポーツを通じて交流や健康増進を図ります。温水プールや屋内運動広場のように冬期間でも利用できる施設があり住人にも人気のある施設になっています。 テニスコート
 屋内運動広場(ゲートボール,バトミントン卓球等)
 温水プール
 生きがい交流広場(ゲートボール,パターゴルフ)
 屋外ゲートボールコート
 
居住施設
   〜ゆとりの空間・快適な生活〜
 ここでは様々な方に対応できるように様々な居住施設を取り入れています。ふつうに生活できる方のための老人専用マンション。自宅機能と福祉機能を併せ持った軽費老人ホーム。障害のために自宅での生活が困難な方のための養護老人ホーム。一般の利用者のための宿泊施設と様々な用途に対応できる施設となっています。
 
診療・リハビリセンター施設
  〜保健,医療,福祉を一カ所で提供する〜
 保健と医療と福祉の一体化を目指した施設で、内科医,歯科医が週に二度エリア内で治療や健康管理を行うものです。保健相談室では保健婦による相談や指導が行われます。エリア内の居住施設に方やデイサービスで来た方々、一般の人も受診することができます。また、リハビリセンターも活用されています。

 
生きがい活動施設
     〜生きがいを見つける〜
 生きがいを見つけたり、自分の趣味の活動を楽しむことができます。陶芸や民芸,木工,食品加工と農園での生産活動などがあります。そのほかに老人と子供のふれあいセンターでは多くの子供との交流の場となっています。

 
在宅老人介護センター施設
     〜在宅福祉の拠点として〜
 自分の家で生活している老人をバスで送迎し、健康チェックや入浴、給食サービスが行われます。仲間とのふれあいを持ち、会話が弾んだりしています。また、障害を持った人も受け入れており、積極的に利用しているということでした。遠い距離からの利用者もいるそうです。
 
 
       メニューへ戻る                    次のページへ