介護保健とは何だろう?
 
介護保健制度は平成12年4月1日からスタートします。これはどんな仕組みなんだろう?

 サービス提供機関

在宅サービス
○訪問看護
○訪問入浴介護
○訪問看護
○訪問リハビリテーション
○デイケア
(通所リハビリテーション)
○医師による訪問診察
○デイサービス
○短期入所介護
 (ショートステイ)
○痴呆性老人の
     グループホーム
○有料老人ホーム
○福祉用品の貸し出し
○住宅の改修費の支給
 (手すり、段差の解消等)

介護保健施設
○特別養護老人ホーム
  (白寿園など)
○老人保健施設
  (老健おおもりなど)
○介護療養型医療施設
 

      被保険者
 

 運営は市町村です
 
 ※
 →
 ←
 

第1号保険者
 65歳以上
 

→ 保険料 →

 

高齢者からの保険料
(17%)

 




国から
(25%)


都道府県   から
(12.5%)


市町村から
(12.5%)

  ↓
合計
 50%
 



 

若年者からの保険料
(33%)









 
 ※
 →
 ←
 

第2号保険者
40歳〜64歳
 

→ 保険料 →

 

 ※サービスの利用をするためには

   利用者が費用の一部負担する
    
      (利用料は1割です)

 

   保険料の月額は
        約2500円

 

介護費用総額
平成12年度
   約4.2兆円
 
 
介護保険が目指しているものは
  高齢化社会に向けて国民負担の増大を抑制するため
 医療保険と介護保険を切り離して効率化を図る
 高齢者に無理のない範囲で保険料や利用料を負担してもらえる
 
  利用者が自由にサービスを選択できる
 福祉と医療サービスを総合的に提供できる
 多様で効率的なサービスを提供できる
 
 
     メニューへ戻る                          次のページへ進む