鹿角の歌碑・句碑


鹿角市の歌碑
作 者

所   在   地
一閑関久兵衛
空ひくし何処を限りの花の奥
雨露の恵みを受けて苔の花
鹿角市花輪
字上花輪
入江為守
鹿角市十和田錦木字浜田
綿木塚公園
金子定一
鹿角市十和田大湯
字上折戸
金子定一
鹿角市花輪字寺の後
専正寺
赤坂文治
鹿角市花輪字柳田
長福寺
中島耕一
離れゐてほのぼの恋しふる里の
家にひとりの母住み給う
鹿角市花輪字柳田
長福寺

 
                                         

鹿角市の句碑
作   者

所   在   地
渡部森女
秋草のみな花つけし淡きかな
鹿角市花輪字上花輪
恩徳寺
小田島艸于
籬結わずただ春水をめぐらして
鹿角市花輪字中花輪
桜山公園
鎌田露山
鹿角市十和田錦木字浜田
錦木塚公園
浅井小魚
秋立つや大樹の梢おのづから
鹿角市十和田大湯字大湯
大円寺参道
阿部悦女
菊日和つづいて今日もしずかな日
鹿角市花輪字上花輪
恩徳寺
阿部胡六
鹿角市花輪字上花輪
恩徳寺
芭蕉
古池や蛙とびこむ水の音
鹿角市花輪字上花輪
長年寺
はせを
物いひばくちびるさむし秋の風
鹿角市
花輪字下夕町

                        
 

小坂町の歌碑
作   者
所   在   地
前田タ暮
あざやかな晴天の虹鱒十和田は 
はれやかにわれによびかける
小坂町
和井内ホテル前

                     
 
目次に戻る