能代山本の歌碑・句碑


能代市の歌碑
作    者

所   在   地
相沢順通
能□なる御代にうまれしさちのみは

人におとらぬわが身なりけり
能代市萩ノ台

願勝寺
坂本勇翁
天地を貫くものは世の中の

人の心の誠なりけり
能代市御指南町

日吉神社坂本家墓地内
坂本定寿
玉とみし千草の露にひきかへて

秋も末野の露の寒けさ
能代市御指南町

日吉神社坂本家墓地内
坂本定寿
安御代を猫やすかれと祈哉

年たつ今朝の神の御前に
能代市御指南町

日吉神社坂本家墓地内
広芳
能代市鳳凰岱

西光寺
(不明)
田も畑も人の心の中川原 

よくつちかひしいさをなりけり
能代市中川原

稲荷社
黒田清綱
能代市鳳凰岱

西光寺
石川貞直
むつましく親子はらから打つとひ

笑ふにまさるよろこびなかりけり
能代市清助町

能代公園
安成二郎
能代市盤若町

渟城第一小字校庭
高階梅子
能代市清助町

能代公園
菅江真澄
たづねても三輪の山もとそれならで

ここにいく世を杉沢の碑
能代市盤字杉沢

熊野神社
村木息長
能代市盤字杉沢

熊野神社

                   

能代市の句碑
作    者

所   在   地
芭蕉
しばらくは花の上なる月夜かな
能代市萩ノ台

願勝寺
芭蕉
物言えば唇寒し秋の風
能代市御指南町

日吉神社
野呂田楳明
名月や隣りも物をいはぬ人
能代市浅内

福田上野
芭蕉
くたびれて宿かるころや藤の花
能代市柳町

八幡神社
桂葉
黒きことうるしの如し五月雨
能代市中川原

稲荷社
島田五空
国つ神の数にもあらめ芋の秋
能代市中川原

稲荷社
島田五空 
枯蔦と細り行く身やかせの音
能代市柳町

八幡神社
鈴木香雪
白うめや色は尊く香はたかく
能代市御指南町

御指南神社
鈴木香雪
海山をこえきてうめの薫けり
能代市御指南町

日吉神社
越前北方
能代市中川原

稲荷社
佐々木松山
能代市御指南町

日吉神社
島田五空
花をうつ暁鳥の翅かな
能代市清助町

能代公園
石田三千丈
能代市清助町

能代公園
石井露月
材木や米代川の秋の風
能代市清助町

能代公園
高浜虚子
能代市柳町

八幡神社
高浜年尾
能代市柳町

八幡神社

                                                          

 

琴丘町の句碑
作    者

所   在   地
正両子規
秋高う入海晴れて鶴一羽
三倉鼻公園

 

二ツ井町の歌碑
作    者

所   在   地
照憲皇太后
二ツ井町

きみまち阪

  

二ツ井町の句碑
作    者

所   在   地
芭蕉
しばらくは花の上なる月夜かな
二ツ井町

駒形入り口
知石
雨少しあしらいかねて散桜
二ツ井町

白竜山善光寺
知石
かるがると置くや葎の別れ霜
二ツ井町

白竜山善光寺
小笠原洋々
二ツ井町

清徳寺
野石
二ツ井町

長徳寺
小笠原洋々
二ツ井町

きみまち阪
一耕  
二ツ井町

比井野

                         

                                  


八森町の句碑
作    者

所   在   地
芭蕉
松風を誉めてや風の薫る音
八森町

白瀑神社
藤田華表
八森町

白瀑神社


山本町の歌碑
作    者

所   在   地
(不明)
三種川三十の橋のあやなきに

はやさきかかる花の歌橋
山本町三種川

歌橋たもと

山本町の句碑
作    者

所   在   地
神馬千松
後や先同じ雲井に帰る雁
山本町森岳

字飛塚
板倉純雄
征旅遠み躬になつかしぶ野の桑の実
山本町下岩川

字宮の目



藤里町の歌碑
作    者

所   在   地
菅江真澄
花はいつ桜の梢松の葉も

またゆふ凝の霜のおくやま
藤里町藤琴

字太良
菅江真澄
零る雪か花かあらぬかやま風に

さそわれてちる滝のしら泡
藤里町藤琴

字滝の沢
菅江真澄
藤かつらくり返し見るいわがねに

かかるも高き滝のしらいと
藤里町藤琴

字上湯の沢
菅江真澄
山影に佃るよね田に風落ちて

涼しく渡る川添ひの道
藤里町粕毛

字下根城
菅江真澄
山深き滝のかげみち行く人の

ぬれて涼しく麻のさごろも
藤里町粕毛

字岩合


八竜町の歌碑
作    者

所   在   地
畠山笑石
八竜町芦崎

字追泊

八竜町の句碑
作    者

所   在   地
佐々木北涯
都下の俗我詩と容れすばら赤く
八竜町鵜川

愛宕山公園

目次に戻る