1 殻頂を上にして表面を見ましょう

(1) 全体はどんな形をしていますか(外形) wpe2.jpg (7060 バイト) wpe3.jpg (8055 バイト) wpe4.jpg (7195 バイト)
円形 だ円形 卵形
(2) 殻頂はどこにありますか

  図3−1に殻頂を矢印で示してあります。殻頂が真ん中にあるものや,右とか左に寄っているものなどいろいろあります。

wpe5.jpg (7382 バイト) wpe6.jpg (8136 バイト) wpe7.jpg (6320 バイト)
三角形 扇形 長方形
図3−1 二枚貝の外形と殻頂の位置(矢印)

 

(3) 表面にはどんなすじがありますか

 貝殻の表面にあるすじは,大きく分けて2種類になります。それは成長線と,肋です。
 成長線は貝殻が成長していく途中の,ある時の貝殻の外形を表しています。普通は細い線で,高まったりはしません。
 肋は高まっているすじです。形や太さは種によってさまざまです。肋が2本並んでいればその間は抵くなりますが,そこを肋間といいます。肋にも2種類あります。成長肋と放射肋です。

ア)成長肋
  成長線に平行にできる肋で,殻頂を中心として同心円状に並ぴます。輪肋あるいは共心円肋とも呼ぴます。成長肋は一般に成長につれて数がふえますが,並び方や太さは種によって大体決まっています。

イ)放射肋
 殻頂から縁の方へ放射状にのびている肋です。成長肋と違って,普通は成長にともなって数は変わらず,種によってほぼ一定ですから同定の決め手になることがあります。

wpe8.jpg (37654 バイト)
成長線
wpe9.jpg (19047 バイト)
成長肋
wpeA.jpg (31745 バイト)
放射肋
図3−2 表面のすじ

二枚貝化石のみかたへ