本文へスキップ

令和元年度 センター研究

研究の概要がいよう

研究の背景

教育方針イメージ

 近年,小・中・高等学校では,ささいなことをきっかけに暴力行為に至るなど,感情制御がうまくできないことに起因する生徒指導上の問題行動が,全体的に見ると増加傾向にあります。児童生徒の特性や家庭環境,社会の変化など様々な要因が複雑に絡んでおり,各学校では,児童生徒理解や対応に苦慮するケースが見られます。そこで,教職員が児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じた適切な指導や必要な支援を行うために,感情制御や特別支援教育の視点から児童生徒を理解し,それに基づいた具体的な手立てを講じられるような力量を高める必要があります。

研究のねらい

 本研究は,教職員が感情制御に関する問題行動の背景にある要因を多面的に捉え,個に応じた指導につなげられるようにすることをねらいとしています。本研究の成果を校内研修等で活用することにより,各学校の教職員の児童生徒理解,生徒指導における資質能力の向上に寄与することを目指します。


ダウンロード

 研究の資料等はこちらからダウンロードできます。

 〇研究紀要

 〇冊子「感情制御に関する問題行動への対応における留意点の整理」

 〇各種シート(シートの使用方法等は冊子でご確認ください)
 ・アセスメントシート
 ・実態把握表@
 ・実態把握表A
 ・対応計画表


news新着情報

2020年3月25日
「令和元年度 研究紀要51集 第3章」を掲載しました。
2020年3月25日
ウェブサイトに令和元年度の研究を掲載しました。
2020年2月6日
第34回秋田県教育研究発表会で発表しました。
2019年5月25日
「アセスメントシート」を更新しました。
2019年3月25日
「平成30年度 研究紀要50集 第3章」を掲載しました。
2019年3月25日
ウェブサイトに平成30年度の研究を掲載しました。
2019年2月7日
第33回秋田県教育研究発表会で発表しました。

information

秋田県総合教育センター支援班

 児童生徒支援担当
  TEL.018-873-7205
 特別支援教育担当
  TEL.018-873-7215