公開講演・生徒指導関係 C講座の案内


公開講演  公開講演は、C−37 「不登校や集団不適応の悩みを抱えた児童生徒の支援」の受講者以外の方々も聴講することができます。

7月31日(月)
14:40
 〜 16:10


 演題:「不登校の理解と支援」
    

 名城大学教職センター 教授
          曽山 和彦 

 名城大学教授。群馬県出身。東京学芸大学卒業、秋田大学大学院修士課程修了、中部学院大学大学院博士課程修了。博士(社会福祉学)。学校心理士。ガイダンスカウンセラー。学校におけるカウンセリングを考える会代表。東京都、秋田県の養護学校教諭、秋田県教育委員会指導主事、管理主事、名城大学准教授を経て、現職

生徒指導に関わるC講座  所属長の承認を得て、希望者が受講する研修講座です。

期日

講 座 名

講 師 ・ 内 容 等

 6/30
(金)

C−36
いじめの理解と対応

小学校,中学校,義務教育学校,
高等学校,特別支援学校  30

 いじめ問題では、難しい対応を求められるケースが多くあります。本講座では、講師の豊富な経験に基づき、いじめ問題について、危機管理、保護者対応、不登校児童生徒支援という視点から捉えていきます。いじめだけでなく生徒指導全般について考えを深めることができる講座です。
                             講師  神田外語大学 客員教授 嶋ア 政男 氏 

7/31
(
)

C−37 
不登校や集団不適応の悩みを抱えた児童生徒の支援

小学校,中学校,義務教育学校,
高等学校,特別支援学校  30

 学校生活に困難さを感じている児童生徒に対して、どのような支援が効果的かと試行錯誤する毎日のことと思います。教員経験があり学校心理士でもある曽山先生の実践に基づいたお話は、とても分かりやすく、悩みを抱えている子どもたちのために何ができるか、ヒントを求めている方々にお勧めの研修です。

                          講師  名城大学教職センター 教授 曽山 和彦 氏 

7/27
()

C−38
児童生徒理解に生かすアドラー心理学

小学校,中学校,義務教育学校,
高等学校,特別支援学校  30

 アドラー心理学には、学級や集団への所属感・共感・信頼感・貢献感を総称した「共同体感覚」を育成するという目標があります。児童生徒理解の理論と共同体感覚の意義などを理解し、アドラーの教育論をどのように児童生徒理解に生かしていけるのかを学ぶことができるとともに、集団を対象としたグループアプローチについて理解を深められる講座です。

                             講師  文教大学教育学部 教授 会沢 信彦 氏

 

9/4
(
)

 C−39
人間関係づくりに生かす構成的グループエンカウンター

幼稚園,保育所,認定こども園,
小学校,中学校,義務教育学校,
高等学校,特別支援学校  30
 構成的グループエンカウンターは「ふれあい」と「自他発見」を目標とした体験学習法です。上級カウンセラーの佐藤氏は、南かがやき教室教育相談員として相談活動を行ったり、様々な場で構成的グループエンカウンターの実践をしたりしています。優しい語り口と楽しいエクササイズで、温かい気持ちになって学べる講座です。

                        講師  南かがやき教室 教育相談員 佐藤 さゆ里 氏
10/25
(
)
 C−40
教育相談に生かすカウンセリングの技法

小学校,中学校,義務教育学校,
高等学校,特別支援学校  30
 柴田先生は、毎回新たな演習を準備してくださり、初めての方も以前に何度か受講した方も、満足できる充実した内容となっています。受講者の疑問を確認し丁寧に答えながら進行してくれますので、難しいと感じることも、最後には「なるほど」と納得できます。教育相談に疑問や不安を感じている方、ヒントを求めている方にお勧めの研修です。

                          講師  秋田大学教育文化学部 教授 柴田  健 氏

<児童生徒支援担当のページへ>