持ち味
・校種を貫き,一人一人の持ち味に寄り添うキャリア教育
・教室の外でも生涯にわたって一人一人の
持ち味が輝くキャリア教育
・一人一人のキャリア発達にふるさと秋田の
持ち味が息づくキャリア教育
 秋田県総合教育センター キャリア教育プロジェクト本文へジャンプ 

        高い志を育てる あきた型キャリア教育 
 
 発信いろいろ



 校報・PTA解放・学年通信・学級通信・進路指導部報,ホームページ…等。家庭,地域,近隣の事業所,他校種等へ,キャリア教育のPもDもCもAも,積極的に発信しましょう!


●学校報等による発信例

秋田市立城南中学校              Dream Support 通信
             
 全校生徒・保護者に向けて,キャリア教育や進路情報等について発信しています。掲載号は「つながる学びと体験−キャリアノートの活用をとおして−」です。

藤里町立藤里中学校              学校報
 校外における体験活動について,終了した活動の様子と評価,また,これから計画している活動の予定と支援のお願いを掲載している例です。 

県立雄物川高等学校              校長室だより
 発行するほとんどの回に,キャリア教育に関する内容を盛り込んでいる例です。 

県立能代養護学校               進路だより
 保護者等とキャリア発達を共有するために,年間を通してPDCAを掲載した例です。

県立秋田きらり支援学校             地域支援だより 
 ニーズを受け止めながら情報発信する,配布先との「つながり」を大切にした例です(キャリア教育については19に掲載)。

県立ゆり養護学校                進路便り
平成20年度からこれまでの進路便り「道しるべ」を掲載しています。 

秋田大学教育文化学部
附属特別支援学校 
進路指導だより
平成22年度からこれまでの進路だよりを掲載しています。 



●ホームページによる発信例

大館市立第一中学校             ふるさと・キャリア教育
 大館市全体で取り組んでいる「大館ふるさと・キャリア教育」を,学校でどのように具現化しているのかについて,PlanとDoを中心に随時発信しているページです。

大仙市立協和中学校             キャリア教育の推進
 PDCAを発信することで,生徒のキャリア発達について,家庭や地域と共有している事例です。年間指導計画や校長室通信等の掲載もあります。 

県立能代高等学校                Will Project
 文部科学省指定「高等学校におけるキャリア教育の在り方に関するキャリア教育の在り方に関する調査研究」の3ヵ年にわたる実践研究報告書を,公開しています。
            インターンシップ 

秋田市立秋田商業高等学校              ビジネス実践
 度々メディアで紹介される「AKISHOP」「秋商版キッズビジネスタウン」「ユネスコスクール」の取組を紹介しています。

県立西目高等学校  目指せキャリアアップ 進路だより
毎月発行している進路だよりとキャリア教育について紹介しています。

県立雄物川高等学校             パスカルタイム
 「現代社会をたくましく生き抜く社会人(職業人)の育成」を目指す総合的な学習の時間の取組を紹介しています。 

県立比内養護学校
+たかのす分校・かづの分校
進路コーナー 
 「進路だより」「就業体験学習」「年間指導計画」を掲載しています。

県立栗田養護学校 進路支援部
「進路だより」「進路Q&A」等を掲載しています。

県立大曲養護学校              進路指導
 「進路相談」「職場実習」「進路指導だより」等を掲載しています(県立大曲養護学校TOPページ右上のボタンから)。 

県立横手養護学校  進路支援部
「実習」「進路部報」等について掲載しています。 



●地域との連携による冊子作成・配布による発信例

潟上市教育委員会    みんなで考えよう 学ぶって?働くって?生きるって?

          
 児童生徒・保護者向けに,市内の小・中学生の実態,キャリア教育についての解説,身に付けさせたい力,市内のこれまでの実践例,人生設計等を掲載し,潟上市のキャリア教育を,共通理解の下に推進していくためのリーフレットです。






大館市教育委員会




 
 
        大館ふるさと・キャリア教育T ガイド編

            
 
おおだて発人間力創造コンソーシアムと市教委が連携し,「ふるさとに根ざし,自立の気概をもった人材の育成」に照準を定め,キャリア教育を未来の扉を開く方策として位置付け作成された第1弾です。U教育資源活用リスト編とV実践紹介編(左図)も既に発行済です。 


                       

                      TOP